四谷の予備校はいい点も悪い点も見てから比較する

合格を勝ち取るためにも早めに予備校通いを始める事

絶対にこの学校に行きたいという志望校がある場合には、しっかり勉強をして合格を勝ち取らなくてはなりません。
自力で勉強をして合格圏内にいるのであればいいですが、合格が難しそうなのであれば四谷の予備校に通って足りない部分を補っていくようにした方がいいでしょう。
このまま自力で勉強をし続けているだけでは、試験までに間に合わなくなってもいけませんので、合格を勝ち取るためにも早めに予備校通いを始める事です。
予備校を選ぶ上では、絶対に自分が譲れない部分が何なのかを書き出していくようにしましょう。
自分のニーズに合っていない所の場合は、成績アップは難しくなる為、自分自身のこともわかっておく必要があります。
もちろん講師の質が良く、面白みのある講義が受けられるのは基本ではありますが、それ以外の部分もやる気を上げるためには必要になります。
例えば、絶対に綺麗な教室や自習室でなければいけないという人もいるでしょう。
綺麗ではない場合、やる気が出なくなったり、自習室にさえ通いたくないと思うようになってもいけません。
いくら自習室があっても、そこに行きたくないと思うような場所であれば、結局は使わずじまいになりますので、通いたくなるような場所のほうがいいはずです。
勉強をする場所なのだから、綺麗かどうかは問題ではないと思う人もいますが、本人のやる気が出ないような場所でいくら勉強をしようと思っても、集中することは出来ませんし、勉強をする気も起きないものです。
綺麗だから通いたいと思えるようなそんな単純なことで勉強をする気になれるのであれば、やる気につながる場所を選ぶのはとても重要なことといえるでしょう。

自分への問いかけ→たけまろさんテスト三日前ですよ!

回答→あ、ここ僕の予備校です pic.twitter.com/dAuVQJChe5

— たけまろ (@chirukaren) 2019年2月23日

合格を勝ち取るためにも早めに予備校通いを始める事 | 予備校を選ぶためには、入学説明会や体験を受ける事も大事 | 自習室の雰囲気は必ずチェックしておく

予備校N予備校(@n_yobikou)さん | Twitter